ハンドメイドフレーム

特製額縁素地材 ワイドなフレームです!

お客様からの特注額の依頼です。
写真を額装するとの事で(お預りはしていませんので、どのような作品を入れるのかはわかりません)、額幅が100mm、厚みが40mmの超ワイドな額縁のご注文頂きました。
仕上げ塗装はご自身でするとの事、塗装なしの素地材でよいとの指定でした。
モール材ではこれ程の材料がありません。木地額工場にて特注製作をさせました。

額幅100mm、厚み40mm

仕上がり品は、幅広平面がきれいにフラット研磨されています。
角の留め付けは、“ちぎり”(三角コーナー)と裏面から補強されています。

木製平型の幅広額縁は、後々角留めに筋が出てくる可能性があります。下地塗装をする場合は、合板やMDF材をくり抜き、上部に貼り付ける方法もあります。

【製作No.17-1202】

・素材: ベルポック素地材
・額縁外寸法:  1014×460mm
・仕様: アクリル、裏板、厚み調整材付
・当時価格: 40,000円(税別)

(2017年7月製作)

当店では特注の木製額縁製作も得意としております。絵画に限らず、立体品、工芸品、鏡枠など、サイズや形状もオリジナルにて製作できます。

お気軽にお問い合わせください。

 

最高級額縁 ~ハンドメイド本金箔フレーム(ご注文品)~

私どもの手作り額縁をお気に召していただき、お客様よりご注文を承りました。時間と予算はかかりますが、ひとつひとつ作品に合わせた完全1点物の逸品額縁です。

過去の製作例をご紹介します。

F20号の古い油絵の額装です。
特注幅広額に削りを入れて、アンティークを強調したゴールド古び仕上げにしました。
都内在住の新規お客様でしたので、打ち合わせから作品の引き取り、完成後の納品まで致しました。

【額装No.17-0320D】

額縁仕様: KOHF12-1-68 木製手彫本金箔仕上げ
額装仕様: UVカットアクリル、本麻布貼り、布貼りタトウ箱・黄袋付
額縁外寸法: 94×82×5㎝
額装当時価格: 250,000円(税別)

(製作:2012年1月)

P10号のキャンバス画を箱型額装にしました。
作品に合わせ、白、金色を基調にして、青色を薄くスリ出ししています。
作品と額の空間にはグレイ色のビロード地を貼りつけています。

 

 

【額装No.17-0320C】

額縁仕様: KOHF11-7-66 木製手彫本金箔仕上げ
額装仕様: UVカットアクリル、ビロード布貼り、布貼りタトウ箱・黄袋付
額縁外寸法: 74×62×6㎝
額装当時価格: 140,000円(税別)

(製作:2011年2月)

店舗内に展示していた見本額をお気に召していただき、ミラーフレームを製作しました。
鏡は重量もありますので、強度も必要になります。

 

【額装No.17-0320B】

額縁仕様: KOHF11-9-67 木製手彫本金箔仕上げ
額装仕様: フレーム+裏板(鏡はお客様持参)
額縁外寸法: 60×50×2㎝
額装当時価格: 80,000円(税別)

(製作:2011年4月)

当店のホームページの特製額を閲覧されて、初めてご注文頂いたお客様です。
遠方でしたのでご来店ではなく、メールだけのやり取りでお任せいただきました。
ご自身制作の刺繍作品を額装しました。

作業工程(木彫り~石膏塗り~下地塗り~金箔貼り~仕上げ)を大まかに掲載しました。

【額装No.17-0320-A】

額縁仕様: KOHF07-1-48 木製手彫本金箔仕上げ
額装仕様: アクリル、布巻込みマット・面金、布貼りタトウ箱・黄袋付
額縁外寸法: 71×57×3.5㎝
額装当時価格: 70,000円(税別)

(製作:2006年12月)

このような古典技法の手作り額縁をオーダーして頂けるのはごく稀であります。完成まで数か月は掛かりますし、価格もそれなりになります。
しかし、お客様のご要望にいつでもお受けできるように、今後も可能な限り作り続けていく所存です。

ハンドメイド本金箔フレームのより詳しい作業工程は下記サイトでもご覧いただけます。

特製本金額製作工程の紹介 『SMキャンバス画』

特製本金額製作工程の紹介『林武パステル作品』

最高級額縁 ~ハンドメイド本金箔フレーム(店舗展示品)~

 

額縁の金箔補修 を出張作業してきました。

「出張して額縁の補修をして欲しい」  との依頼でした。

対象品の重量や大きさ、数量もそうですが、物を移動するより人が移動したほうが賢明と判断、一式道具を持参して現地に行ってきました。

とある新装施設にすでに設置されている大型ミラーフレーム。 事前に提出されたの資料等で米国製本金箔水貼り仕上げではないかと想定、現地入りして現状を確認しました。

金箔補修作業-012

部分的に金箔が剥がれ、下地が見えています。水拭きで擦ってしまったか、テープのような粘着物を貼ってしまったか・・・いずれにしても水貼り本金箔額縁にはご法度な行為であります。早速その場で材料道具を準備して、補修の開始です。

金箔補修作業-013 壁に展示したままの状態で新たな金箔を張ります。

金箔補修作業-016 未乾燥の状態でメノウ磨きをして輝きを出します。

金箔補修作業-018 金箔補修作業-017 金箔を擦り出しして他所との仕上げに合わせます。

金箔補修作業-006

額縁製作は平面にして作業するのが当たり前ですが、今回は巨大なために壁面より外すわけもいかず、足場に乗っての高所作業。壁面や他の調度品(超高級そうな)を汚さぬように気を遣いながら、1枚の額に数か所、計5枚の補修を延べ4日間で完成しました。

金箔補修作業-003 ホテルの部屋では下地素材の調合をしていました。

 

特製本金額製作工程の紹介 『SMキャンバス画』

20年以上ご贔屓頂いている東京の作家様からのお手紙付の依頼がありました。
自身の作品を大切な方へ贈られるとの内容でしたので、予算等を確認した上で、今回は最高級の本金箔額縁の製作にかかりました。

西山様本金額製作工程 (3) 西山様本金額製作工程 (12) 西山様本金額製作工程 (10)

今回はモール材の素地をカットして、4種類の材料を組み合わせ、1つの額縁に組み立てます。

 西山様本金額製作工程 (14) 西山様本金額製作工程 (16) 西山様本金額製作工程 (18)

彫刻のデザインは作品を引き立たせるためにも非常に重要な事です。見本の額縁を参考に、彫刻を進めていきます。

西山様本金額製作工程 (19) 西山様本金額製作工程 (20)

下地石膏を何層にも塗り重ね、研磨後、箔下用の特殊とのこ(ボーロ)を塗っていきます。

西山様本金額製作工程 (21) 西山様本金額製作工程 (22) 西山様本金額製作工程 (23)

西山様本金額製作工程 (25) 西山様本金額製作工程 (26)

本金箔の水貼りと磨き作業です。

 

特製本金額製作工程の紹介『林武パステル作品』

今回は林武のパステルデッサン画作品を、本金箔水貼り仕上というの高級古典額縁を製作して額装しました。
とても時間と手間はかかりましたが、その制作の工程をご紹介します。

先ずは下地材の製作からです。

06-806-906-11

06-1407-307-4

①作品に合わせたイメージをデザインして、オリジナルの型取りした下地木地額を組上げます。
(下地木地は木地専門職人に外注します。どのような材料を使用するとか、断面はどの型にするとか細かく打ち合わせて1枚より成形してもらいます)

②今回は四角に花彫の彫刻を入れるので、彫刻のしやすい樹脂パテを盛り上げ貼りつけます。

③額全体は直線を柔らかくした崩し彫をして、角の花彫りは4箇所とも変えました。
(崩し彫は、少し遊び心があり、手作りの雰囲気を強調した仕上がりになります)

④下地石膏を膠(ニカワ)水で溶き、塗っては乾かして何度も重ね塗りをします。この時の水と石膏と膠の分量が本金箔の輝きに大きく左右します。また細かな彫刻は石膏で潰れてしまうので、その都度彫り直しては石膏塗りの繰り返しです。

⑤乾湿分けて石膏を研磨します。

⑥箔下用の特殊砥粉(トノコ)を塗ります。この砥粉には赤と黒があり、仕上のイメージにより塗り分けます。

どのような作業でもそうでしょうが、下地作りによってその後の仕上がりが大きく変わってしまいます。地味で時間のかかる作業ですが、怠るわけにはいきません。

次は金箔貼りの紹介です。

規格額縁などに貼られる金は銅と亜鉛からなる洋箔・真鍮箔(シンチュウハク)と呼ばれ、通常はニスなどを接着材として額縁に貼られます。
今回製作のような技法は本金箔を水だけで(場合によっては薄い膠水)貼っていく古典技法の作業です。
本金箔は洋箔に比べ厚みが非常に薄い為、取扱がとても大変です。

07-5 ⑧07-6

07-8 ⑩07-9 ⑪07-11

⑦⑧箔下トノコの上に水を塗り、紙に転写したり箔刷毛を使用して 金箔をのせて接着します。

⑨⑩箔貼り乾燥後に瑪瑙(メノウ)石の付いた特殊道具で金箔を磨いていきます。額縁の場合は色々な形状になっているため、瑪瑙棒も何種類か必要になります。磨いた後には眩しいくらいの黄金色がでてきます。(古今東西、人間が金に魅了されてきたのがよくわかります!)

⑪額縁は絵や工芸品と違い作品を引き立たせる為の商品ですので、“キンキラ金”のままではあまり好まれません。中に入れる作品に合わせ、イブシ加工をしたりアンティーク調、モダンスタイルに仕上たりします。本金箔の輝きを残しつつ、品良く高級感を出すにはやはり技術と感覚と経験が必要だと思います。

額縁が完成した後は、作品をセットするまでの額装です。

07-12 ⑬07-13

07-15 ⑮07-18

⑫額縁と作品を合わせてマットを決めます。マットは作品保存を重要視したミュージアムボードを使用して、マットライン加工をする予定です。

⑬イタリー製や国産製の手彩マーブル紙を細く切って、マットに縁取りします。角はそれぞれ模様や色合いを合わせながら貼ってゆきます。

⑭⑮数本の色ラインを烏口(カラスグチ)で引き、パステルを粉状に削ったパウダーを塗りこみます。飾り枠のように全体が締まりました。

表面はUVカットアクリル、作品の裏にもミュージアムボードで保存、裏板も保存用のボードと紙貼りで全て完成しました。

07-19
【額装No.15-0919】
品番: KOHF07-2-51
額縁外寸法: 62×48㎝
仕様: UVカットアクリル、ミュージアムマットBOOK加工
参考額装価格: 額縁売却済み(新規ご注文承ります)

完成品は店内に展示しております。ご来店の際はどうぞをご覧下さい。

 

最高級額縁 ~ハンドメイド本金箔フレーム(店舗展示品)~

ハンドメイド本金箔フレームは、手彫りと本金箔水押し仕上による最高級手作り額縁です。

主な工程に分けますと、
1.下地となる木地素材を選び、面取り、組み上げする。
2.組み上がった木地に手彫りなどでの彫刻、研磨する。
3.下地石膏を何度も塗り重ねては研磨し、最後に特殊なトノコを塗る。
4.本金箔(本銀箔)を水貼りし、専用のメノウ石で磨き上げる。
5.作品によって本金箔の輝きを強く出したり、アンティーク調に仕上げる。

古典技法と現代的なデザインを組み合わせ、丹精を込めながら手間と時間をかけるためにとても高価なものになりますが、時間が立つほどに味わいが出てくる本物の逸品です。

今までに製作した当店のオリジナル・ハンドメイド本金箔フレームをご紹介します。

■北川 健次 銅版画
若い頃に購入した作品をやっとお披露目することができました。
繊細なモノクロ版画ですので、額縁も極力シンプルに11㎜幅カマボコ型。直線を崩したねじれ彫りを入れ、本金箔古美仕上げにしました。
マットはホワイト系の細布を巻き込んだフランスマット仕上げにしてエッジを利かせております。

北川版画本金額製作工程 (4) 北川版画本金額製作工程 (7) 北川版画本金額製作工程 (11)

北川版画本金額製作工程 (16)・品番: KOHF14-4-75
・額縁外寸法: 475×415mm

・参考価格: 額縁売却済み(新規ご注文承ります)

*UVカットガラス入り、保存額装仕様

北川版画本金額製作工程 (15)

 

■東郷青児 油彩

東郷青児の貴重な肉筆油絵作品であります。
やわらかな曲線でモダンなルイ式額のイメージをもち、10年ほど前より作り始めました。彫刻、盛り上げ、金箔押し、磨き、刻印打ち、古美と仕上げていく中で、途中数年間は手をかけずにただ眺めているだけの時期もありました。
機が熟し、やっとご覧頂けるようになりました。

東郷青児本金額 (5) 東郷青児本金額 (6) 東郷青児本金額 (7)

東郷青児本金額 (9) 東郷青児本金額 (8)

東郷青児本金額 (10)・品番: KOHF14-4-74
・額縁外寸法: 370×275mm

・参考価格: 非売品

*ミュージアムガラス入り、保存額装仕様

 

 

 

 

 

■内田光之助 油彩
3種類の下地材を製作して、 個別に彫刻、箔押しをします。
その後3種の額を組み合わせて、着色仕上げをします。作品と同系になるように、金、茶、ベージュ色でまとめてみました。
内田光之助本金額製作工程-001 内田光之助本金額製作工程-013 内田光之助本金額製作工程-016
内田光之助本金額製作工程-026・品番: KOHF12-3-69
額縁外寸法: 360×320mm

・参考価格: 40,000円(税別)

*ミュージアムガラス入り、保存額装仕様

内田光之助本金額製作工程-027

 

■高田博厚 色紙デッサン
特殊な形をした額角を強調するために小さな飾り玉を付け、、枠全体は不規則で柔なかな曲線に削ってゆきます。
本金箔を水貼りした後にすり出しを強くして、下地の墨&紅色を浮き出します。、
要所に残った金箔の輝きが時代を感じさせ、シンプルではありますが存在感のある額縁にしました。

高田博厚本金額製作工程 (16) 高田博厚本金額製作工程 (17)
額装のマットは5㎜厚を中抜き布張りして、色紙全体を見せた浮かし加工にしてます。
作品裏には作家手書きの年号とサインがありましたので、見えるように加工しました。

高田博厚本金額製作工程 (14)・品番: KOHF12-7-70
・額縁外寸法: 450×420mm

・参考価格: 35,000円(税別)

*ミュージアムガラス入り、保存額装仕様

 

 

 

 

■塙賢三 油彩「サーカス」 SM

額縁の幅は45㎜と細めでありますが、直線を崩し彫りにして下地色の朱をすり出し、金箔飾鋲を要所に貼り付けています。アンティーク調の額縁を何となく“道化てる”イメージで作りました。

KOHF01-8-25 塙賢三SM

・品番: KOHF01-8-25
・額縁外寸法: 300×230mm

・参考価格: 30,000円(税別

*ミュージアムガラス入り、保存額装仕様

KOHF01-8-26

 

本銀箔額製作中

最新のハンドメイドフレーム。

銀箔を磨き、古美を入れています。

間もなく完成予定(ここからがまだながい!)
DSC_0570