額装・商品のご紹介, 額縁・絵画の収納箱

一つの箱の中に仕切りを付けて、複数枚の額縁を入れる額箱も製作できます。

屏風などの連作作品、またその絵画と関連のある幾つかの品物を保管する場合に、一つの収納箱にまとめて入れたいものです。しかし、ただ厚みのある箱作り、無造作に収納すると作品や額装品が傷んでしまいます。
そのような時は仕切り入れてひとつひとつを個別に入れられるようにします。仕切りに厚みも収納品に合わせ変えることもできます。
本体の外箱は差し込み式、かぶせ式どちらでも可能、素材は布製、ダンボール製、また縦開き、横開きのどちらでもで製作きます。

こちらは、額装品と箱書きのある桐箱を一緒に収納できる布タトウ箱を製作しました。それぞれの厚みの仕切り箱を作り、黄袋に入れて収納しました。今回は扁額(横長の書額)でしたので、出し入れしやすいように横(長手)開きにしました。

1枚1枚を黄袋に入れて、ひとつのタトウ箱に入れます。

同じ大きさ、厚みでなくても収まり良く収納できます。

複数枚を一つの箱に収納する場合は重量が増す事がありますので、丈夫な合板ベニヤ製での製作もできます。(こちらの商品はボール芯です)

 

オリーブ布+クラフト紙貼りタトウ箱(2枚入れ用仕切り入り)、黄袋2枚付

・箱内寸法: 111×48×厚み5cm(8.5cm)

・当時価格: 18,000円(税別)

額縁、作品収納箱のご紹介はこちらに掲載しております。