オリジナルフレーム

2018年春『新作オリジナル額装』店舗内にて展示中!

 

モール材製作によるオリジナル額装を現在店舗内にて展示しています。

これらの人気アート作品はプリント画ですが、『高級額装品』としてご好評を頂いております。

上記額装の詳細はこちらよりご覧いただけます。

 

こちらの油彩作品は収蔵のお気に入り額装です。

高級モール材で製作して、ミュージアムアクリルも使用しています。

(画像ではアクリルが入っていません)

上記額装の詳細はいずれまたご紹介します。

 

2018-04-01 | Posted in 額屋ブログNo Comments » 

 

サクラの季節に間に合いました。

以前より同じ掛軸が2本ありましたので、思い切って1枚は額装に変えました。

きれいに仕立てられた掛軸を切るのは、ちょっと気が引けます。

掛軸をただカットしただけで額に入れてもきれいには伸びず、シワがでるのです。やはり貼り込みが必要になります。

(左は貼り込み前、右が貼り込み後)

で、今回の額装はこんな感じになりました。

どのような場所にも合うように洋額を付けて華やかにしました。掛軸とのコラボを現在店舗にて展示中です。

それぞれの「富士桜」をどうぞ見比べてご覧ください!

 

額装の詳細はまた後日に。

2018-03-21 | Posted in 額屋ブログNo Comments » 

 

アルフォンス・ミュシャ プリント画 ~2018新作オリジナル額装付きで販売中~

人気絵画のミュシャ・プレミアムプリント画に、モールフレームを製作してオリジナル額装をしました。
このシリーズのプリント画はとにかく華やかで、見栄えの良い作品です。既成額は使用せずに、全て手作りオーダーにて個性豊かな仕上がりにしてみました。


天然貝殻貼りに手採色を加えたオリジナルフレーム、半光沢系のマットの刃先に金フィレを付け、マーブルラインを貼り付けています。

【額装No.18-0204D】

●アルフォンス・ミュシャ プリント画 「Spring」
●画面サイズ:  タテ290×ヨコ150mm
●額外寸法:  タテ520×ヨコ370mm (アクリル・かぶせ箱付)
●税別価格:  22,000円(展示品特別価格)

 


柄合わせした模様のある金箔フレーム、グリーン系スエード調のマットに和紙柄ラインを貼り付けています。

【額装No.18-0204C】

●アルフォンス・ミュシャ プリント画 「Iris」
●画面サイズ:  タテ290×ヨコ120mm
●額外寸法:  タテ520×ヨコ320mm (アクリル・かぶせ箱付)
●税別価格:  18,000円(展示品特別価格)

 

 
彫刻のある金箔(外側黒塗り)フレーム、朱系のマットの刃先に古代金フィレを付け、装飾ラインを貼り付けています。

【額装No.18-0204B】

●アルフォンス・ミュシャ プリント画 「Summer」
●画面サイズ:  タテ290×ヨコ150mm
●額外寸法:  タテ530×ヨコ380mm (アクリル・かぶせ箱付)
●税別価格:  18,000円(展示品特別価格)

 

 
和をイメージしたリーフ柄シルバーフレーム、淡ピンクのマットに同色系のマーブルラインを貼り付けています。

【額装No.18-0204A】

●アルフォンス・ミュシャ プリント画 「Winter」
●画面サイズ:  タテ290×ヨコ150mm
●額外寸法:  タテ49.5×ヨコ36.5mm (アクリル・かぶせ箱付)
●税別価格:  15,000円(展示品特別価格)

 

過去に額装した参考例です。

ミュシャ

 

下記商品のシート販売もいたしております。
●画面サイズ:  タテ290×ヨコ118mm~183mmmm
●税別価格:  1枚3,900円→3,000円

RP8801 ミュシャ「Dance」

RP8801 ミュシャ「Dance」

RP8802 ミュシャ「Music」

RP8802 ミュシャ「Music」

RP8803 ミュシャ「Spring」

RP8803 ミュシャ「Spring」

RP8804 ミュシャ「Iris」

RP8804 ミュシャ「Iris」

RP8805 ミュシャ「Carnat」

RP8805 ミュシャ「Carnation」

RP8807 ミュシャ「Summer」

RP8807 ミュシャ「Summer」

RP8808 ミュシャ「Painting」

RP8808 ミュシャ「Painting」

RP8810 ミュシャ「Poetry」

RP8810 ミュシャ「Poetry」

RP8811 ミュシャ「Lily」

RP8811 ミュシャ「Lily」

 

RP8812 ミュシャ「Winter」

RP8812 ミュシャ「Winter」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■こちら掲載の商品はWEB通販では販売しておりませんおので、電話・FAX・注文フォームよりご購入下さい。


*発送に関してはこちらをお読みください。
*商品は限定在庫品のみの特別価格になっておりますので、売切れの際はご了承願います。

 

 

 

 

 

 

板に描かれた古画を細長に額装

ご自宅の倉庫から出てきたとという古い板絵。作者不明ではありますが、墨と日本画で描かれた趣のある作風です。ご家族にとっても貴重な遺産でもあります。

おまかせにてオリジナルの額装を手がけました。板の大きさは173×12cm、長さはありますが幅が狭いのであまり額幅は太くせず、高さのある箱型仕様にできる型を選び、天然木目に味のあるオーク素地材を使用。煤焼けた板目の雰囲気を壊さない額装を想定して、額色も時代風の手塗り仕上げにしました。

上部には引っ掛け用の穴が開いていましたので木製フックを作り、底部のみ押え棒を付けてぶら下げ状態にしました。どちらも板色に合わせ塗装しました。

 

【額装No.18-01】

額縁: オーク材モール 手塗仕上げ
仕様: アクリル入り、布貼り台座パネル&スペーサー
外装:
額縁外寸法: 190×26cm
当時価格: 52,000円

(製作:2017年7月)

 

塗装のしていないの白木額で書道の額装をしました。

書道の額は黒やコゲ茶の木製額、シルバー色の金属フレームなどが定番にあります。

お客様より事前に飾る場所の画像を見せて頂き、今回は白木額が部屋に合うと選びました。

ホワイトアッシュのモール材を仕入れ、長尺ではありましたが極力木目の統一された部分を選択してカット、組み上げます。作品は裏打ち後、傾斜させた特製の台座に貼り込み、白布貼りした裏板パネルに取り付けます。

白木の浮かせ式書額装は、モダンで明るいイメージに仕上がります。

【額装No.18-0119】

額縁: アッシュ材モール ワックス仕上げ
仕様: アクリル入り、白布貼りパネル、特製台座作品裏打ち貼り込み
外装:
額縁外寸法: 160×78×厚み4cm
当時価格: 65,000円

(製作:2017年8月)

 

曼陀羅画の額装やり直し

お寺の床の間に飾ってあった大きな曼陀羅画の額縁が破損したので、新たに額装をしてほしいとの依頼を受け、幾つかのフレームサンプルを持ってお伺いしました。

既存の額は角が壊れ、アクリルカバーも既に外れた状態でした。枠型は同じような隅丸仕様を選び、色は黒から他の調度品に使われていた朱塗りに変えました。

 

和縁の伝統、高級隅丸額です。表面のカバーは紫外線カットのアクリル板を使用、作品と直接接しないように5mm程の空間を付けました。

作品の裏側もかなり汚れていましたので、保護のためにも新たに裂地貼りの裏板を作り、裏書の部分は見えるように窓を開け、透明アクリルにてカバーを付けました。フレームと裏板は補強金具の額サルにて固定、下部の両角にはクッション用に額裏ゴムを付けました。

【額装No.18-0114】

額縁: 木製半丸型隅丸 古代朱有塗装
仕様: UVカットアクリル入り(スペーサー付)、裏面穴あけ加工(カバー付)
外装:
額縁外寸法: 182.5×100cm
当時価格: 150,000円

(製作:2017年9月)

 

特製額縁素地材 ワイドなフレームです!

お客様からの特注額の依頼です。
写真を額装するとの事で(お預りはしていませんので、どのような作品を入れるのかはわかりません)、額幅が100mm、厚みが40mmの超ワイドな額縁のご注文頂きました。
仕上げ塗装はご自身でするとの事、塗装なしの素地材でよいとの指定でした。
モール材ではこれ程の材料がありません。木地額工場にて特注製作をさせました。

額幅100mm、厚み40mm

仕上がり品は、幅広平面がきれいにフラット研磨されています。
角の留め付けは、“ちぎり”(三角コーナー)と裏面から補強されています。

木製平型の幅広額縁は、後々角留めに筋が出てくる可能性があります。下地塗装をする場合は、合板やMDF材をくり抜き、上部に貼り付ける方法もあります。

【製作No.17-1202】

・素材: ベルポック素地材
・額縁外寸法:  1014×460mm
・仕様: アクリル、裏板、厚み調整材付
・当時価格: 40,000円(税別)

(2017年7月製作)

当店では特注の木製額縁製作も得意としております。絵画に限らず、立体品、工芸品、鏡枠など、サイズや形状もオリジナルにて製作できます。

お気軽にお問い合わせください。

 

社是、社訓、会社証書はやはり高級額装仕様で飾りたいものです。

法人企業の『社是』や『社訓』は、会社の重役室、玄関、オフィス、工場等の壁に掲示され日々従業員から様々な来客者の目に触れられていることだと思います。また店舗、医療機関等の各種許可書も多くの来訪者に見られていると思います。
しかし、額装があまりにも貧祖でお粗末な状態で掛けられている事があり、せっかくの企業理念や立派な施設がもったいなく感じることもあります。恐らく創業当初よりだとか、何十年も飾りぱっなしなのでしょう。
そのような状態での掲示は、会社や店舗の品位にかかわります。
当店では、そんな見劣りすような事がないように『企業証』は高級仕様の額装を心がけております。

こちらは、「書家に書いてもらったという社訓を額装にして欲しい」と社長様が来店されました。従業員の誰もが目に留まるような威厳ある額装の希望でした。金と黒が混色された外枠に柄入り布張りマットを製作して、更に内側にフィレ面金を回しました。和洋取り入れた重厚な額装に仕上がりました。

【額装No.17-1110B】

・額縁: 50mm幅木製モール材 金黒塗装
・額縁外寸法:  740×460mm
・仕様: 手貼り布巻込みマット面金付、UVカットアクリル、作品裏打
・当時価格: 30,000円(税別)

(2017年3月製作)

 

個人、法人問わずに表彰状や許可書、認定書等を額装して掲示することは多いと思います。内装やインテリアに合わせモダンにしたい場合は、透明のアクリルボックス額装をお奨めします。
アクリル板2枚を合わせて挟み込むシンプルなタイプから、こちらのように窓抜き布貼り台座を製作して、ボックス本体のネジを外さなくても、裏面より容易に入れ替えのできるようなタイプまで自由に製作できます。

アクリルボックス-001-1024x846 アクリルボックス-783x1024

【額装No.17-1110A】

・アクリルケース外寸法:  480×400×厚み45mm
・仕様: 3㎜厚透明アクリル 窓抜き台座布貼り巻込み 入れ替え用加工
・当時価格: 25,000円(税別) *同寸法3枚割引価格

(2015年9月製作)

●アクリルケース(ボックス)の額装例はこちらでもご紹介しております。

壁掛け以外に、立て掛け仕様にもできます。

 各種額装のご相談は、電話、FAX、メールよりお気軽にお問い合わせください。

 

ゴルフクラブ3点セットを額装

長尺のパター、立体のヘッドカバー、平面の認定書の3点を一緒に額装して欲しいとの依頼でした。パターとカバーは額縁から取り出せて手に取ることもできるように、前面開閉式の標本箱タイプにしました。

まずは大体の配列を考えて、額縁のサイズを決めます。外枠モール材を組み上げた後、立体標本箱型にするための木枠加工を額裏にします。開閉時の位置がずれないようにしなければなりません。

その後、木枠材を塗装します。

額縁本体と木枠を蝶番と装飾金具を付けて開閉できるように固定します。

内装は高級感のあるスウェード調の台座を製作、コースのグリーンのイメージとクラブのシルバー色にも引き立つ色を選びました。各パーツの配列やクラブの角度、固定方法を色々と熟慮して完成に至りました。

 

【額装No.17-1024】

・額縁: 45mm幅木製モール材 シルバー
・額縁外寸法:  1050×500×厚み110mm
・仕様: 前面開閉式立体額装、UVカットアクリル、各パーツ取付加工
・当時価格: 95,000円(税別)

(2017年1月製作)

各種額装のご相談は、電話、FAX、メールよりお気軽にお問い合わせください。

 

壁面レリーフに額縁を取り付ける

いつもお世話になっています地元の商工会議所の入口に、故深澤幸雄先生のレリーフが壁面に埋め込まれておりました。建物の建築当初にコンクリート壁に設置されていたそうで、外すことは不可能な状態でした。
依頼としては回りの額縁を付けて、保護することはもちろんですが、目立つようにインパクトを付けたいとの事でした。

 

レリーフの寸法、厚みを計測して、決定した額縁の寸法を算出します。今回は特殊な金具と取付方法が必要になります。

コンクリート壁面の上部にビスを2か所、下部には白色のL折れ金具を付けます。額縁ドロ足は予め壁面と同じような色に塗装して、裏面にノックダウン金具を埋め込んでおきます。

   

今回の額縁材料はレリーフのイメージにちょうど似合うモール材がありました。入口玄関ですので虫や埃がなるべく入らないように壁面と額縁を隙間なく取り付けました。通常はレリーフ自体を額装してから壁面に設置するのですが、今回のような特殊な取付方法は、予め額縁と同じ大きさに見本枠を作り、現場で水平や余白の均等を測りながら仮貼りして位置決めします。金具の位置出しには正確な数値が必要になります。

会館正面入り口には、新設の引き立つレリーフ額装が設置されました。

 

 

2017-09-18 | Posted in 額屋ブログNo Comments »