額縁製作工程

額縁の塗装って、意外と難しいのです!

まず、何が難しいと言えば、何色に塗装すのか?
どのような塗料が適しているのか?
刷毛塗り?吹き付け?
どの箇所から塗っていくのか?

色に関して一般的には、木地色からブラウン系、白黒系が多いですが、赤、青、黄色など自由な色でもよいと思います。ただ、額縁の場合は中身の絵に合わせなくてはなりません。絵と同系がいいのか、引き締まる色がいいのか、奇抜な色の方が面白いのか・・そんな事を考えてしまうと悩んでしまいます。我々専門家でも絵を引き立たせるためには何色がよいのかと、常日頃から数あるサンプルと突き合わせています。

額縁の塗料に関してですが、水性、油性のステイン系の塗料は材質の木に良く染み込み、木目の強弱を出した味わいを表現できます。木目を見せない塗装にはカシューやアクリル系顔料を使用して、きれいな面塗装する方法と、凹凸や下地色を擦り出した個性的な塗装方法があります。いずれにしましても色落ち剥離せず、耐久に適した塗料を選ぶことが必要です。

単品の細縁の場合は刷毛塗りが適していると思います。数量もあり塗装面積が広い場合や、ムラ塗りを出したくない塗装には吹き付けやスプレー塗りが楽だと思います。刷毛塗りの後にスポンジやローラー等で塗料を均一にのばす方法もあります。また仕上げのクリアーニスだけはスプレーを使う場合があります。

さて、最後にどの場所から塗っていくのがよいかと言えば、非常に難しいです。表面からがよいのか側面からがよいのかは、額縁の形状やサイズ、上記の選択によっても変わってきます。枠状まま塗装しますので、額縁の角は塗り重なりになることが多く、そこだけ色濃くなってしまったり、逆に薄くなったしまうこともあります。また、4辺を同じ濃淡で仕上げなくてはいけません。ほかにも端先部分の角は塗りずらい箇所でもあります。

と、長々説明しましたが、ご自身で作る額縁の場合は多少の塗りムラもまた味があってよいです。色々と挑戦してみてください!

一応、私どもの作業も簡単に紹介します。

  

オーク素地材を中心に木地組みしました。額角の微妙な段差や角面取りの研磨で、塗装した後に影響してきます。

“ウォールナット”、“オリーブ”、“ミディアムブラウン”などの色名称の自然素材系塗料にて着色します。オーク材は木目が強く出ますので、『和アンティーク』のイメージなフレームができます。

角塗りは液だれや溜まりになりやすいので注意が必要です。

当店では、額縁の素地材だけの販売も致しております。棹売り、45度カット売り、組み立て売りから選択できます。
額縁の製作、塗装をご自身でしてみたいと興味がありましたら、こちらも参考にしてみてください。

 

2017-09-08 | Posted in 額屋ブログNo Comments » 

 

最高級額縁 ~ハンドメイド本金箔フレーム(ご注文品)~

私どもの手作り額縁をお気に召していただき、お客様よりご注文を承りました。時間と予算はかかりますが、ひとつひとつ作品に合わせた完全1点物の逸品額縁です。

過去の製作例をご紹介します。

F20号の古い油絵の額装です。
特注幅広額に削りを入れて、アンティークを強調したゴールド古び仕上げにしました。
都内在住の新規お客様でしたので、打ち合わせから作品の引き取り、完成後の納品まで致しました。

【額装No.17-0320D】

額縁仕様: KOHF12-1-68 木製手彫本金箔仕上げ
額装仕様: UVカットアクリル、本麻布貼り、布貼りタトウ箱・黄袋付
額縁外寸法: 94×82×5㎝
額装当時価格: 250,000円(税別)

(製作:2012年1月)

P10号のキャンバス画を箱型額装にしました。
作品に合わせ、白、金色を基調にして、青色を薄くスリ出ししています。
作品と額の空間にはグレイ色のビロード地を貼りつけています。

 

 

【額装No.17-0320C】

額縁仕様: KOHF11-7-66 木製手彫本金箔仕上げ
額装仕様: UVカットアクリル、ビロード布貼り、布貼りタトウ箱・黄袋付
額縁外寸法: 74×62×6㎝
額装当時価格: 140,000円(税別)

(製作:2011年2月)

店舗内に展示していた見本額をお気に召していただき、ミラーフレームを製作しました。
鏡は重量もありますので、強度も必要になります。

 

【額装No.17-0320B】

額縁仕様: KOHF11-9-67 木製手彫本金箔仕上げ
額装仕様: フレーム+裏板(鏡はお客様持参)
額縁外寸法: 60×50×2㎝
額装当時価格: 80,000円(税別)

(製作:2011年4月)

当店のホームページの特製額を閲覧されて、初めてご注文頂いたお客様です。
遠方でしたのでご来店ではなく、メールだけのやり取りでお任せいただきました。
ご自身制作の刺繍作品を額装しました。

作業工程(木彫り~石膏塗り~下地塗り~金箔貼り~仕上げ)を大まかに掲載しました。

【額装No.17-0320-A】

額縁仕様: KOHF07-1-48 木製手彫本金箔仕上げ
額装仕様: アクリル、布巻込みマット・面金、布貼りタトウ箱・黄袋付
額縁外寸法: 71×57×3.5㎝
額装当時価格: 70,000円(税別)

(製作:2006年12月)

このような古典技法の手作り額縁をオーダーして頂けるのはごく稀であります。完成まで数か月は掛かりますし、価格もそれなりになります。
しかし、お客様のご要望にいつでもお受けできるように、今後も可能な限り作り続けていく所存です。

ハンドメイド本金箔フレームのより詳しい作業工程は下記サイトでもご覧いただけます。

特製本金額製作工程の紹介 『SMキャンバス画』

特製本金額製作工程の紹介『林武パステル作品』

最高級額縁 ~ハンドメイド本金箔フレーム(店舗展示品)~

 

額縁の金箔補修 を出張作業してきました。

「出張して額縁の補修をして欲しい」  との依頼でした。

対象品の重量や大きさ、数量もそうですが、物を移動するより人が移動したほうが賢明と判断、一式道具を持参して現地に行ってきました。

とある新装施設にすでに設置されている大型ミラーフレーム。 事前に提出されたの資料等で米国製本金箔水貼り仕上げではないかと想定、現地入りして現状を確認しました。

金箔補修作業-012

部分的に金箔が剥がれ、下地が見えています。水拭きで擦ってしまったか、テープのような粘着物を貼ってしまったか・・・いずれにしても水貼り本金箔額縁にはご法度な行為であります。早速その場で材料道具を準備して、補修の開始です。

金箔補修作業-013 壁に展示したままの状態で新たな金箔を張ります。

金箔補修作業-016 未乾燥の状態でメノウ磨きをして輝きを出します。

金箔補修作業-018 金箔補修作業-017 金箔を擦り出しして他所との仕上げに合わせます。

金箔補修作業-006

額縁製作は平面にして作業するのが当たり前ですが、今回は巨大なために壁面より外すわけもいかず、足場に乗っての高所作業。壁面や他の調度品(超高級そうな)を汚さぬように気を遣いながら、1枚の額に数か所、計5枚の補修を延べ4日間で完成しました。

金箔補修作業-003 ホテルの部屋では下地素材の調合をしていました。

 

幸せを感じた額作りの仕事 ~檜の精霊~

数年前の仕事になります
30年以上額縁の仕事に携わっておりますが、初めて感じたことでした。

今まで色々な額づくり、額装をしてきて「おもしろかった」とか、「やりがいがあった」という達成感はよくあります。それは作業の手間ひまや、苦労があったからこそでもありました。

その仕事は、最初の請負の時はそれほど感じてもいなかったのですが、作業をしていく段階になって、そして実際に作業を始めてから沸々と感じてきたのです。自分が今、『すごく幸せな気分でいられる…』

額縁仕事をしていて初めての感覚でした。
それは、おそらく樹齢300年の檜材の加工作業をしていたからかもしれません。その材が放つヒノキオールの香が、何とも言えずに幸せな気分にさせてくれるのでした。

“檜の精霊”が与えてくれた幸福感でした。

ご依頼人は関西よりわざわざお越しくださりました。
ご自身で制作した作品に檜材の彫刻板を付けるにあたり、額縁として使用できるように加工してほしいとの依頼です。
全くの裏方加工だけの作業になりますが、額縁づくりに変わりはありません。
色々と試行錯誤考えながら図面を書き直し、材質も考えて作業に入っていきます。

 

 

組み立てる前に、お客様自身が板材の外側を糸鋸でカットして来ました。

 

 

板と板は留切り(45度カット)ができませんので、ダボ付けして組み合わせます。

 

 裏の補強枠を取り付けます。

 

組み立て加工完成しました。この後はお客様が仕上げて本完成となります。

期間中はとても楽しく作業ができました。

樹齢300年の檜材に触れることもできましたし、自身の大切な仕事の一端を当店を信頼して依頼してくれた若きアーチストに、何よりも感謝したいです。
この場を借りて、改めて御礼申し上げます。

(2012年3月製作)

 

モールディング ~額組みの製作工程~

モールディング とは、様々な素材、装飾された2m~3mの棒状の商品です。その材料を作品等の大きさに合わせカット、枠組みして額縁とします。種類も豊富で、規格外寸法も短期に製作する事ができます。

今回は材料の中でも大型(額巾80mm、高さ85mm)モールの製作をしました。

(ra)6714 まずは3mある材料の反りや傷のチェックから。

(ra)6714-001 (ra)6714-002 寸法に合わせ45度カット。切れる刃と正確さが重要。

(ra)6714-003 彫刻のある額は柄を合わせながら向きを決めます。

(ra)6714-004 (ra)6714-005 1辺ずつボンドを付けバイスで締めていきます。

(ra)6714-006 セットでできる端材のチビ君も。

(ra)6714-007 額縁の厚みに合わせ、組機でVネールを2度打ち、3度打ちします。

(ra)6714-008 (ra)6714-009 パテやゴールドフィンガーで角組の修正。

(ra)6714-010 額組みの完成です!

モールディングのご注文、額棹材料の販売はこちらで紹介しております。