修理修復

古い油絵・額縁の修理修復

今回お客様よりお預かりした絵画は、祖父の代から家に飾ってあったという西洋油絵です。しかし、昔ながらにガラス、裏板等のダストカバーが一切付いてはいませんでした。当然に埃、油汚れ、ヤニなどが付着しておりました。油絵の艶もなくなり、作風も見えずらくなっていましたが、幸いにも表面の剥離や亀裂等も少なく、汚れ以外は比較的良い状態でありました。

左は元の状態、右は洗浄後

洗浄後に作家のサインが見えてきました。

  

裏側も洗浄して、裏書が見えるように額装しました。内部も保存重視の仕様にしております。

欧州製の古典額縁も相当傷んでおりました。石膏、パテ埋め、ゴールドフィンガー等の着色をして時代風に修復します。

 

 

ダストカバーは低反射のミュージアムガラスを新調しました。背景の暗い絵画は、通常ガラス(アクリル)を入れても反射して見えずらくなってしまいます。

絵画の修復は程度によってやり方を変えています。比較的キャンバスに損傷もなく、剥離とかの心配がなければ水洗いを基本に洗浄します。著名画家の場合や損傷が激しい場合は専門家に依頼することもあります。

代々受け継がれた大切な芸術品は現代の修復によって見事に蘇ります。そして更に長期間の保存が可能になります。対価は多少かかりますが、どうぞご相談ください。

 

古い日本画・額縁の修理修復

屏風、襖絵、衝立などの日本画はとても傷みやすく、表面にガラスやアクリル板のダストカバーが付いていません。絵画がむき出しの状態ですので埃や汚れが付きやすいく、保存や取り扱いにとても注意が必要です。更に本体が障子のような骨組みでできていますので、突くと当然穴が開いてしまいます。

お客さまよりお預かりした時の状態です。「虎図」がかなりの傷み方でした。

裏面も、廻し縁も傷んでおります。

それぞれの作品を丁寧に剥がし、裏打ちして破片を繋いでいきます。

衝立の縁も外して、補修研磨、再塗装をします。

修復が完成して戻ってまいりました。

衝立仕立て、屏風仕立て、掛軸仕立て、扁額など伝統和額装のほとんどが修復修理にて見事に蘇ります。どうぞ何なりとご相談ください。

 

額縁の金箔補修 を出張作業してきました。

「出張して額縁の補修をして欲しい」  との依頼でした。

対象品の重量や大きさ、数量もそうですが、物を移動するより人が移動したほうが賢明と判断、一式道具を持参して現地に行ってきました。

とある新装施設にすでに設置されている大型ミラーフレーム。 事前に提出されたの資料等で米国製本金箔水貼り仕上げではないかと想定、現地入りして現状を確認しました。

金箔補修作業-012

部分的に金箔が剥がれ、下地が見えています。水拭きで擦ってしまったか、テープのような粘着物を貼ってしまったか・・・いずれにしても水貼り本金箔額縁にはご法度な行為であります。早速その場で材料道具を準備して、補修の開始です。

金箔補修作業-013 壁に展示したままの状態で新たな金箔を張ります。

金箔補修作業-016 未乾燥の状態でメノウ磨きをして輝きを出します。

金箔補修作業-018 金箔補修作業-017 金箔を擦り出しして他所との仕上げに合わせます。

金箔補修作業-006

額縁製作は平面にして作業するのが当たり前ですが、今回は巨大なために壁面より外すわけもいかず、足場に乗っての高所作業。壁面や他の調度品(超高級そうな)を汚さぬように気を遣いながら、1枚の額に数か所、計5枚の補修を延べ4日間で完成しました。

金箔補修作業-003 ホテルの部屋では下地素材の調合をしていました。

 

古い掛軸が仕立て直しで、とても綺麗に直ってきます。

掛軸をずっと掛けたままでいますと、少しずつ汚れや染みが付いてきます。また、桐箱に閉まったまま長く放置してもよくありません。
いざ掛軸を解いて広げたり、家を新築やリフォームした時に改めて作品が染みだらけになっていた事に気が付きます。

当店に持ち込まれた表装依頼は、信頼のできる専門職人に発注を出します。
掛軸の仕立て直しは、まず古軸からの剥がしから始めなくてはなりません。破損のある作品は特に注意しながら作業します。
そして剥がした後に、ご希望により作品の洗い、しみ抜きをいたします。
この作業は作品の状態により手間が違って高額にもなりますので、表装職人に現物を見せてから、別途お見積りを致します。古い作品はその良さも残しつつ、染みや汚れ、破損等が見事に綺麗になって戻ってきます。

以下、幾つかの事例をご紹介いたしますので、ご参考下さい。

書の古軸を持込みされた時の状態です。折れ皺もあり、紙もかなり焼けていました。
  

洗いをして、きれいに蘇ってきました。

・仕立: 丸表装

・新軸装代 15,000円

・作品剥し・染抜き代 30,000円

 

●合計 45,000円

 

 

 

 

中国?彩画のかなり傷んだ作品でした。
16-8-k%e6%a7%98-%e8%bb%b8%e8%a3%85%e7%9b%b4%e3%81%97-1 16-8-k%e6%a7%98-%e8%bb%b8%e8%a3%85%e7%9b%b4%e3%81%97-3 16-8-k%e6%a7%98-%e8%bb%b8%e8%a3%85%e7%9b%b4%e3%81%97-4

仕立て直し後です。破れも目立たなくなりました。
16-8-k%e6%a7%98-%e8%bb%b8%e8%a3%85%e7%9b%b4%e3%81%97-5 16-8-k%e6%a7%98-%e8%bb%b8%e8%a3%85%e7%9b%b4%e3%81%97-6

・仕立: 丸表装風帯
・新軸装代 80,000円 新桐箱付 *作品剥し代込み

 

お客様のお気に入りの水墨画「虎図」ですが、経年と共にかなりの染みが出てきました。
絹地作品の染み抜きはなかなか難しいのですが、味わいが残されたまま染み抜きできました。

左画像が染み抜き前、右画像が染み抜き後です。(クリックで拡大します)
熊倉様軸装直し-007 熊倉様軸装直し-008

熊倉様軸装直し-005 熊倉様軸装直し-006

熊倉様軸装直し-003 熊倉様軸装直し-004

熊倉様軸装直し-009

・仕立: 三段表装風帯

・新軸装代 26,000円

・作品剥し・染抜き代 34,000円

 

●合計 60,000円

 

 

 

 

お客様が幼少ころから思い出のある「立雛」の掛軸。50年以上は経過していると言っておりました。
桐箱には保管されていましたが、表装はすでに劣化しており、本紙自身にも相当な染みが出ておりました。
絹地に描かれていた日本画絵の具は剥離もなく、大切な顔の部分にも目立つ汚れがありませんでしたので、比較的きれいにしみ抜きができました。

左画像が染み抜き前、右画像が染み抜き後です。(クリックで拡大します)
掛軸染抜き(前)-001 掛軸染抜き(後)-001

掛軸染抜き(前)-002 掛軸染抜き(後)-002

掛軸染抜き(後)

・仕立: 三段表装風帯

・新軸装代 20,000円

・作品剥し代 13,000円

・作品染抜き代 33,000円

 

●合計 66,000円

 

 

*表記価格に別途消費税がかかります。
*作品の状態により染抜きができない場合や、価格も変わってきます。

お手持ちの掛軸、額装品の作品に染みが出始めましたら、早めに仕立て直しをされた方がよいでしょう。
その分費用も軽減されますし、きれいになって戻って参ります。

お気軽にお問い合わせください。