額装関連・資材品のご紹介

壁に絵画を飾り楽しみましょう! 額縁屋の絵画・額縁の飾り方

個人の住宅、店舗、オフィス、施設などの壁面に絵や額装品を飾ると、とても幸せな気分になります。お好みや癒しの絵画、想い出の品や記念品、ご自身や子供さんの作品、写真やコレクションなど、壁面に飾る事によって部屋が明るくなったり、華やかになってきます。

『飾りたい作品はあるのですが、一体どのように展示すればいいか・・』

絵画の展示には決まりごとはありませんので、展示に安全であれば、自由に楽しく飾って良いと思います。最近では美術館でも斬新な展示をするほどです。
それでも、慣れていないと配置や安全(震災後は特に)にも結構悩んでしまうものです。

ここでは、(額装家の経験から)一般的な飾り付けのアドバイスをいたします。よろしければ参考にしてみてください。
飾付け(インテリア)_0003

~壁面や空間に適した大きさの作品を飾る~
狭い壁面一杯に大きな作品を飾ったり、共通性の無い作品を何枚も重ね掛けするのは、あまり格好が良いもではないと思います。家具の配置、照明の位置なども考慮しながら適所にそれなりの大きさの作品を飾りたいです。

 

飾付け(インテリア)_0004

~家具や内装に合わせた作品、額装品で飾る~
アートもインテリアとして飾る事が重要です。ナチュラル、モダン、アンティーク、デコラ、カラーと和洋それぞれお好みのインテリアに似合った額装品で飾りたいです。同じ作品でも額装によって、とても良い空間を演出してくれます。

 

金具コーナー-002

~壁質、重量に合った額吊専用金具を取付ける~
これが一番重要なことで、専用の額吊金具をしっかりと付けないと事故や落下の原因になります。額装品の重さを考えて、壁質に合った金具を取付けてください。(当店でも各種額吊金具を用意しております)

 

それでは壁面の取り付け方をご説明します。

① まずは飾る場所の位置決めをします。左右の間隔はどの位置を中心にするのかで変わってきます。壁、家具、ライト、扉などの位置も考慮します。(日光の直射が当たる場所やエアコンの排出場所、人が居る頭上の場所等はなるべく避けて下さい)
次は高さを決めます。基本は目線の位置が絵の中心が良いと思いますが、立ち姿勢で鑑賞する事が多いのか、座って鑑賞する事が多いのかによっても違います。また、天井の高さや家具置物の位置によっても変わってきます。高過ぎても、低過ぎても格好がよくありません。
飾る前に、現物を実際に持ち上げてみて他の人に位置を確認してもらうのが一番よいですが、大作や重量物の場合は大変です。そのような時は型紙やマスキングテープで作品と同じ大きさにして、壁に仮貼りすると全体のバランスがよくわかります。

② 掛ける位置が決まりましたら、壁面に取付金具を付けます。作品の上位置(又は下位置)を決めておいて、額裏の紐や金具の位置を測り、壁面に金具の位置を印付けします。
先にも述べましたが、壁面の種類によって取り付ける金具は変わってきます。一般の戸建て住宅の壁面はほとんどが石膏ボードや合板が使用されています。マンションやオフィスなどは、部屋の間仕切りはボード類であっても、隣室との壁面はコンクリートになっている場合も多いです。また、石やレンガでできた壁面もあります。
石膏ボードや合板の場合は釘打ちのフックでわりと簡単に取付ける事ができますが、コンクリートや石材はドリルで下穴を開けるなどして補強しなくてはなりません。
また、石膏ボードだけの壁(梁材のない)は、上から打つだけのフックでは弱い場合があります。ボード内で広がるような釘打ちやアンカー金具が必要になります。

③ 専用フックを付けた後、指で動かしっかりと固定されているか確認します。額裏の紐の中心をフックに引っ掛けます。横長の作品や重量のあるものは、フックを同じ高さで間隔をあけ2個取付けます。そうする事によって、補強にもなり平行も維持しやすくなります。また、額裏の左右下部位置にクッション材などをあてがうと、壁の汚れや傾斜が軽減されます。
最後は左右の傾きを修正して完了です。

Pレール取付作業
また、壁に穴を開けたくない場合や広い壁面をギャラリー風にたくさん掛け替えたいときは、額吊レールを付けておくと便利です。最初の工事は少し大変ですが、気兼ねなく絵画の飾り付けが楽しめます。

 

 

以下は実際に出張取付した場所です。

個人様所有作品の額装及び自宅の飾付をしました。
額縁は、作品とインテリアに合わせたシンプルなオーク(ナラ材)フレームとアンティーク調アルミフレームでまとめました。
10-10 K様邸飾付1 (1) 10-10 K様邸飾付 階段の壁面を利用して段差を付けて飾ります。

10-10 K様邸飾付1 2Fリビングの階段上り壁には縦4列に展示しました。

10-10 K様邸飾付1 (4) 10-10 K様邸飾付1 (3) 玄関及び寝室は、調度品に合わせたアンティーク調のフレームです。

こちらは広いオフィスにモダンアートを取付をしました。
PAP_0003 PAP_0005 連動性のある作品を並べて飾ります。

ギィ・モーネ500p作品 (1) ギィ・モーネ500p作品 (4) 絵画ではないですが、芸術作品です。

当店では絵画の出張取付けから、内装、インテリア合わせた額装の相談にも応じております。作品は気に入っているのに既存の額縁が絵に合っていない、また部屋の雰囲気にも合わないと感じることはありませんか?(新築、リフォーム後は特に多いと思います)そんな時は、額装もリニューアルすると作品も引き立ち、部屋にも合ったお気に入りの額装品が飾れます。

絵画の取付に関しても、お気軽にお問い合わせください。(出張は地域限定になります。また、取付ける商品や場所によってはお断りする事があります)