額縁・額装品のご紹介, 修理修復

古い日本画・額縁の修理修復

屏風、襖絵、衝立などの日本画はとても傷みやすく、表面にガラスやアクリル板のダストカバーが付いていません。絵画がむき出しの状態ですので埃や汚れが付きやすいく、保存や取り扱いにとても注意が必要です。更に本体が障子のような骨組みでできていますので、突くと当然穴が開いてしまいます。

お客さまよりお預かりした時の状態です。「虎図」がかなりの傷み方でした。

裏面も、廻し縁も傷んでおります。

それぞれの作品を丁寧に剥がし、裏打ちして破片を繋いでいきます。

衝立の縁も外して、補修研磨、再塗装をします。

修復が完成して戻ってまいりました。

衝立仕立て、屏風仕立て、掛軸仕立て、扁額など伝統和額装のほとんどが修復修理にて見事に蘇ります。どうぞ何なりとご相談ください。