額縁・額装品のご紹介, アクリルフレーム額装

新作特注アクリルフレーム(2枚合わせ)と直付け吊金具

薄い平面作品を展示するときに、額装ではなく、2枚のアクリルに挟んだ『アクルルフレーム』に入れる事があります。写真や許可書の一般品から、ポスター、現代アートなどをモダンに展示したい場合はご利用が多いです。単純にアクリルを2枚挟むタイプから、多少の厚みにも対応できるようにスペサーサー(空間)を付ける事もあります。

美しい色柄の正絹端切れをいくつか裏打ちして保存してあります。額装時のファブリックマットや、和装のアクセントにも利用できるからです。今回は観賞用としてアクリルフレームに入れてみました。

全体に淡いグリーン色した透明アクリル板のエッジは、表面がテーパー(面取り)加工してあります。

 

細長サイズですが、裏面にティースハンガーを付けて、直接ネジや金具に引掛けます。

【額装No.19-0710D】

素材:  3mm+3mm厚グリーンエッジアクリル
外寸法: 640×160mm
仕様:  PCネジ・ナット止め、裏面ティースハンガー×1
額装当時価格: 13,500円(税別)

(製作:2019年6月)

 

こちらは作品自体が変形の透明フィルムのような素材に描かれていたので、アクリルフレームも変形に製作して、吊金具の位置も正面から見えないように配慮しました。

 

5mmのスペーサーを付けて、角は角度に合わせて貼り合わせしました。

表からは金具が見えない位置にセキュリティ金具を取り付け、尚且つ変形ですので重量のバランスを見ながら位置決めしました。

壁面に取り付ける金具の位置出しをして、実際に壁掛けして試してみました。

【額装No.19-0710C】

素材:  4mm+5mm厚透明アクリル(5×10mmアクリルスペーサー付)
外寸法: 1210×1085×厚み14mm
仕様:  PCネジ・ナット止め、裏面セキュリティ金具×3
額装当時価格: 135,000円(税別)

(製作:2018年2月)

 

ベニヤ板に張られたキャンバス作品をアクリルに板に挟みました。作品自体に反りがある事と、上部よりの埃が入るのを防ぎたいとの要望で、アクリルとアクリルの間にスペサーサー(空間)を付ける事にしました。

スペーサーは1枚板をくり抜いて(繋ぎ目無し)で製作しました。

 

作品裏の位置にハンガーレールを付けて、直付け式の吊り方にしました。

【額装No.19-0710B】

素材:  3mm+5mm厚透明アクリル(5×15mmアクリルスペーサー付)
外寸法: 932×932×厚み13mm
仕様:  PCネジ・ナット止め、裏面ハンガーレール250mm×2
額装当時価格: 75,000円(税別)

(製作:2017年12月)

 

絹染めの布地作品を伸ばしながら挟み込みました。布地が透けてしまうので、通常の金属吊金具では目立ってしまいます。特注の紐通しを作り、テグスにて吊るすようにしました。

【額装No.19-0710A】

・素材: 4mm+4mm厚透明アクリル
・外寸法: 1400×400mm
・仕様: カット面ミガキ加工 PCネジ・ナット止め、 裏アクリル製ゲタ付き(紐通し穴付き)
・額装当時価格価格: 45,000円(税別)

(製作:2011年8月)